二回戦への挑戦

二回戦への挑戦

バイアグラもed治療薬も、勃起障害に関する治療薬としての効果があることはもはや有名なことです。その効果があまりにも有名になりすぎたからこそ、日本国内でもその需要が大きく高まり、異例のスピードで厚生労働省による医薬品としての認可が降りた、という事実もあります。ですから、勃起できないペニスに対する特効薬としての効果があることは、バイアグラにもed治療薬にも、もはや前提条件の知識として含めて良いことです。ここで注目したいことに、ペニスが勃起する機能は十分に発揮できる中で、昔と違って二回戦三回戦が厳しいと感じるようになってきた男性にも効果があるという特徴がある点があります。つまり、バイアグラを服用すること、また、その他のed治療薬を服用すること、それらの行為においては性行為のスタミナを向上させる意味もある、と考えることができます。昔は二回戦ぐらい当たり前だったし、三回戦ぐらいは楽しまなければ満足できなかった、そんな男性でもいつかやってくる、二回戦がしんどいと感じる瞬間。それを乗り越えるためのパートナーとしても、バイアグラやed治療薬には十分な効果があることが立証されています。勃起力に自信があるかどうか、という部分だけでなく、勃起したペニスのタフネスという観点から見て自身の喪失や不満を感じるようになったら、バイアグラやed治療薬の出番です。

バイアグラやed治療薬が二回戦に立ち向かえない男性に対して効果を示すことができる理由、それは、射精後にやってくるいわゆる賢者タイムとの関係性に論拠を見出すことができます。射精のあと、すなわち絶頂を感じたあとには、精神的な満足感と、ペニスの感度が高まりすぎる状態にあります。この時には性的刺激を受けても快感にはならず、むしろ不快感を生むということは身を持って経験しているはずです。そして、そのことは実際に射精後不応期という現象として定義づけられています。いわゆる賢者タイムと俗に呼ばれるこの状況下では、どんなに頑張っても勃起することが難しいです。年齢を重ねると、その賢者タイムが長くなることで二回戦に立ち向かえないという不満が生まれます。バイアグラやed治療薬を服用すると、この射精後不応期と呼ばれる状態に陥る時間を短くできるという研究成果が出ています。服用するed治療薬によって数値の差はありますが、どの症例においても射精後不応期を短くすることができているのが、バイアグラやed治療薬の特徴です。ですから、二回戦までセックスを楽しみたいというニーズに対しても、バイアグラやed治療薬を処方してもらうことで解決できます。それを考えると、ペニスに悩みを抱えるようになったら専門のクリニックで相談することも、バイアグラやed治療薬を服用することも、間違いなく有用です。