多様な要因を考える

多様な要因を考える

バイアグラやed治療薬の服薬によって精神性EDの改善が見られるのは、すでに研究や医療現場で明らかになっています。若くして性交渉が勃起の問題でうまくいかないなら、特にバイアグラを始めとするed治療薬によって、ED治療を進行させることが重要だともいわれています。ここで問題となるのは、普段のマスターベーションは十分可能なのに、本番になると力を発揮できないケースの問題です。この場合、自分自身が勃起不全にあることに気づけない場合も少なくありません。そこで目を向けたいのは、自律神経の問題です。自律神経には、交感神経という緊張状態を司るものと、副交感神経というリラックス状態を司るものとの二種類があります。そして、勃起は副交感神経優位の状態でなければ成立しないという特徴があります。これを踏まえて考えると、マスターベーションを行えるような状況は自分一人という最も安全な環境にあることがほとんどで、勃起するのは当然だといえます。また、セックスの本番においては、リラックスしているつもりでもパートナーという相手に感じるプレッシャーが関わり、交感神経が無意識に働いている可能性が否定できません。ですから、バイアグラの服用によって神経の作用を乗り越えることができることに目を向けることができます。もちろん、他のed治療薬でも同じ役目を果たすことができます。マスターベーションができることと、本番にうまく望めないこと、これらは切り離して考えて、悩みを解決するためにed治療薬を服用できるように専門医に相談するのが、誰もが幸せになれる方法だといえます。