製品の仕組み

製品の仕組み

現在ではed治療薬は様々な種類があり、ジェネリック医薬品も発売されています。世界で初めて誕生したed治療薬がバイアグラです。1998年にアメリカで発売された当初は夢の薬として話題になり、その話題は日本にも届きました。日本では1999年にスピード認可されて、それから発売されることになりました。バイアグラが発売されてから、レビトラやシアリスなどの新しい薬も誕生していますが、未だにバイアグラの人気は高く利用者も多いです。ed治療薬の中では1番実績がある薬ですから、安心度を重視するという人にはぴったりの薬です。

勃起不全に効果があるバイアグラ、というのは多くの人が知っていますが、なぜ勃起不全に効果があるのか知っている人は少ないです。まず勃起というのは、男性器の海綿体に血液が集まることによって長くなったり、硬くなったりします。性的刺激を受けると一酸化窒素が分泌して、環状グアノシン一リン酸が形成されます。環状グアノシン一リン酸が、海綿体の筋肉を緩めさせます。そうなると、血管が緩むので海綿体に血液が流れこんで陰茎の圧力が上がり、勃起するという仕組みです。

勃起するためには環状グアノシン一リン酸は必要不可欠です。しかし、環状グアノシン一リン酸はPDE-5という酵素によって分解されてしまうと力が無くなってしまいます。つまり、勃起ができなくなってしまうということです。そこでバイアグラを使用することによって、有効成分のシルデナフィルがPDE-5を阻害して、環状グアノシン一リン酸が分解されるのを防ぐことができます。PDE-5阻害をするので勃起不全を改善することができます。

バイアグラは元々ed治療薬としてではなく、狭心症などの筋肉の異常による痛みを和らげるために開発された薬なのです。狭心症を改善するときに臨床試験を行なっていましたが、その時に被験者になった男性が勃起したことにより、ed治療薬としても利用できるのではないかと試されたのです。そうして狭心症の改善よりも勃起させる効果が高かったためにed対策に活用できるとして、様々な実験を繰り返し販売されるようになったのがバイアグラなのです。バイアグラに含まれている成分の中でも主なものはクエン酸シルデナフィルと呼ばれる物質です。この物質の効果は勃起を収めるときに出る5型ホスホジエステラーゼという物質をガードすることにより、勃起状態をキープできるというものなのです。edの人の場合は5型ホスホジエステラーゼがすぐに出てきてしまうので、勃起状態をキープすることができませんが、そんな人でもバイアグラに含まれているクエン酸シルデナフィルが働くことにより長時間勃起状態を保てるのです。偶然勃起状態を長くできると発見されたバイアグラは現在も改良が重ねられており、より効果の高い製品が製造されるようになっています。今後もed治療薬は様々な種類が登場すると予想されているので、昔のバイアグラと比較してどのような変化があるのか確認してみましょう。