パートナーとの協力

パートナーとの協力

バイアグラやed治療薬を服用することは、器質性精神性を問わずして問題解決に活用できます。この時に着目しておきたいのは、バイアグラやed治療薬を服用するときにはパートナーとの協力が必要だという点です。器質性勃起障害を乗り越えるためにバイアグラを服用するときはもちろんですが、精神性勃起障害を乗り越えるためにも重要な事です。なぜなら、精神性勃起障害はパートナーからのプレッシャーが強すぎて勃起に集中できない状態に陥っているケースがあるからです。ここでいうプレッシャーとは、子作りにおける義務感や、女性を満足させないといけないという義務感のことを指します。また、女性から男性機能に関してなじられることによってトラウマを生むケースも有ります。男性から勃起障害に対する告白をすることは勇気が必要なため、女性の方から歩み寄ることも時には重要ですし、男性機能に対して女性が否定することも避けたいところです。そして、バイアグラやed治療薬を服用しながら成功体験を重ねることによって、問題を解決することにつながります。

バイアグラを始めとするed治療薬を服薬している事実をパートナーが認識していることは、生命維持という観点から見て非常に重要です。バイアグラには禁忌薬や禁忌症として、ニトログリセリンの服用や狭心症を抱える人には適合しないという側面があります。そして、そこで注目しておきたいのが、今まで自覚症状がなくともその症状を発症するケースが有るということです。性行為は身体への負担が大きいため、自覚症状を持たないまま行為に臨んで狭心症などの症状を発症するケースが全くないということもありません。もしも実際にその状況に遭遇した時に、バイアグラなどのed治療薬を服用している事実を当人しか知らなかった場合は医療機関にその事実が知らされず、禁忌薬を誤って投与してしまうことが懸念されます。ですから、パートナーとなる女性も男性の勃起不全について理解して、ed治療薬を服用して行為に望んでいること、そしていつ服用したのかを把握しておくことは大切です。男性側が恥ずかしいと思いすぎないことも大切ですし、女性から男性の悩みに優しく働きかけることは欠かせないといえます。