心因性勃起障害の改善

心因性勃起障害の改善

バイアグラやed治療薬を服用することは、勃起しなくなったペニスを奮い立たせる事ができる成分を摂取できる医薬品を服用することだと言い換えられます。ここで考えておきたいのは、勃起のメカニズムとして身体が健康なら普通は勃起できるはずだ、ということです。性的な刺激を視覚的や触覚的な観点から受信して、その刺激がペニスに到達した時にはペニス周辺の血液がペニスに流入することで勃起します。この血液流入機能は、若い男性には疾患を患っていない限り、当たり前のように存在しています。中高生の頃は勃起力がすごかったのに、年をとると勃起力が下がった、という言葉からもわかるように、若い時期に勃起機能が失われることは、まずありえません。また、ホルモンバランスも正常なのが通常の若年層ですから、ホスホジエステラーゼ5の問題が起こるわけでもありません。それを考えた時に考えられるのは、性的な刺激自体を受信できていない、というケースです。性的な刺激を受信できない、精神的な理由での勃起障害を心因性勃起障害と呼びます。若年者の男性が患う勃起不全は、多くの場合このケースがあてはまります。健康なのにペニスがうまく動かない、そんな時にもバイアグラなどのed治療薬が役立つことを覚えておいて損はありません。

心因性勃起障害と向き合うためにバイアグラが活用できる、ed治療薬が効果を発揮できる、と言われる理由は、勃起機能をサポートできるからだといえます。僅かな刺激でも血流がペニスに流入できて、ホスホジエステラーゼ5の機能を抑制することで勃起を維持することが容易になることは、性的刺激の感受性が弱まっている心因性勃起障害を抱えた男性にも有用です。そして、器質性勃起障害とは違って、心因性勃起障害には改善の余地があります。仕事の悩みが大きすぎる、セックスへのトラウマがある、そういった心理的な悩みは、バイアグラやed治療薬を服用して成功体験を重ねているうちに乗り越えられるケースが有ります。また、悩みそのものをパートナーと共有して共に歩めるようになれば、いつしか心理的な悩みから開放されることもあります。ですから、心理的な悩みでも、バイアグラなどのed治療薬はとても有用です。