女性への効果

女性への効果

バイアグラはed治療薬の中では最も定番で有名な医薬品ですが、だからこそイメージが先行してしまっている部分があります。その中でも、勃起する構造に作用しているはずの効果を精神的な部分に作用していると勘違いされやすい点が誤解を生む部分が多いです。性的興奮を高めることで勃起を促進させているのではなく、勃起した際の体内での変化をサポートする、ペニスの血流を向上させる働きがバイアグラやed治療薬の特徴です。この点を勘違いすると、間違った使い方によって、効果が空振りしてしまう結果につながります。

バイアグラはed治療薬であり、媚薬や催淫剤ではありません。もちろん、勃起しないところから勃起することで媚薬としての効果があるように感じられるのは仕方ありません。ですが、ここで勃起が促進されるのはバイアグラに血流改善効果と勃起を阻害する酵素を抑制する効果があるからです。ほかのed治療薬も、それは同じです。ですから、媚薬や催淫剤としての効果はありません。同時に、女性にとっては効果が無いこともはっきりします。女性にとってもしもバイアグラやed治療薬の効果が発揮されるとするならば、血流改善効果によって性器の感度が「上がるかもしれない」というレベルの話です。ペニスの血流を改善する作用は研究成果として出ていますが、ヴァギナやクリトリスの血流を改善する作用は研究成果として一切出ていません。これを踏まえても、女性に対してバイアグラやed治療薬の効果が発揮されるとはいえません。もしも効果があるとすれば、プラセボ効果です。バイアグラという薬のイメージが性的な興奮を生む薬だというイメージから、バイアグラを服用したという事実によって女性が性的な高ぶりを感じる可能性はあります。ただし、それはバイアグラの効果ではありません。あくまでも、薬を服用したという思い込みによる結果でしかありません。その性的興奮に医療的な因果関係があるわけではなく、バイアグラでなくても女性はその高ぶりを得られると考えられるため、バイアグラは男性が服用するほうが正しく意味を発揮できます。