禁忌についての注意

禁忌についての注意

バイアグラやed治療薬を服用しようとしたときに共通して服用が禁止されているのは、ニトログリセリン系の薬を始めとする一酸化窒素供与剤や、硝酸剤などの医薬品をすでにを服用している場合です。バイアグラの特性として、血管を広げる効果を持つため血圧を下げる作用を持ちます。そして、上述の薬を服用する場合も、血圧を下げる作用を持ちます。つまり、バイアグラと併用禁忌薬として指定されている医薬品を併用することは、生命を脅かすレベルまで血圧を低下させることが懸念されることから認められていないといえます。

どのような病気だったとしても、医師の診察を受ける段階で服用している薬を持って行くことは常識です。それは、勃起不全の治療でバイアグラを服用したい場合でも同じです。他のed治療薬でもこの点は同じですから、もし勃起不全と現在治療中の病気が平行して発症している時には、すでに受けている治療の内容を伝える意味も含めて、服用している薬を持ち込むことが大切です。それは、快楽よりも重要な、自分の命を守るために必要なことです。自己判断でed治療薬を個人輸入で購入するとしても、禁忌について注意して購入と服用を検討することが大切です。既往症がある場合は自分で判断をするよりも、医師の判断を仰ぐほうがいいのは明らかです。素人判断で事故を起こす例が多かったことが、不要な不安を煽る部分もあります。禁忌について学んで、正しい使い方も学んで、必要に応じて医師の診察を受けて利用すれば、バイアグラなどのed治療薬はとても有用です。