自己診断のポイント

自己診断のポイント

バイアグラやed治療薬を服用することには、どこか自分が障害を持ってしまったような、男性としてのプライドを傷つけられたような、辛い感情がついてくるように思うこともあるかもしれません。ですが、そう考えるのは全くの逆です。むしろ、自分が困っている問題に対して改善できる方法として提案できるのがバイアグラなどのed治療薬です。勃起の可否は、基本的には精神論で解決できるものではありません。男性が勃起するためのメカニズムは気持ちの問題で左右できるものではなく、身体の変化でだれでも崩壊する可能性があるものです。ですから、勃起不全は自分だけの障害ではなく、男性誰もが通る可能性のある道です。実際に、年齢層が上がるほど勃起不全の症状を強く実感になることがそれを証明しています。障害というよりも、長い人生の中でいつかやってくる可能性がある変化だと気軽に受け止めておくのが、勃起不全とのつきあいかたです。コンプレックスに感じるのではなく、恥ずかしいことではないと理解して、現実を受け入れることが大切です。現実を受け入れて、自分の力ではどうにもならない勃起というメカニズムを働かせてこれからも性生活を楽しむために、バイアグラもed治療薬も最良の力を発揮してくれます。そこで、もしも自分に勃起不全がやってきているのか、それともたまたま調子が悪かっただけなのか、それを判断することが現実と向き合うために有用です。IIEFやEHSと呼ばれるような基準があり、ペニスの勃起能力を具体的な数値にして算定することができます。現実を受け入れるためにとても便利な自己診断の資料として、バイアグラやed治療薬を利用するか迷ったら活用したい判断基準です。

バイアグラやed治療薬を服用するべきかどうか、それを迷うようになるのは自分の勃起力に自信がなくなってきたときでしょう。今のところはなんとか性交渉を楽しめてはいるものの、失敗することも増えてきた。これから先、パートナーとうまくやっていく自信がなくなってきた。そんな時にバイアグラを投入できれば、もしくは、他のed治療薬を投入できれば、昔のような充実した性生活を楽しめるはずです。そこで、IIEFという国際基準や、EHSと呼ばれるアメリカ生まれのペニス硬度基準表があります。現在ではこれらのテストはインターネットでだれでも気軽に利用できるように公開されているため、ちょっとでも自信がなくなった時にはセルフチェックをするとよいでしょう。簡単な体感レベルに関する質問に選択式で答えるだけで、自分の勃起力が低下したかどうか、蓄積されたデータから分かります。そのデータを見出すことができれば、バイアグラなどのed治療薬を購入するきっかけとなる、自分を見つめる時間にすることができます。