病気が潜んでいる場合

病気が潜んでいる場合

バイアグラはed治療薬として男性の勃起しないペニスに対して効力を発揮して、勃起力を回復してくれる作用を発揮できる利点があります。多くの男性がバイアグラの服用やその他のed治療薬を服用することによって問題を解決してはいますが、それが本質的な解決にならない場合も考えられます。それを表しているのが、生活習慣病の危険性をはらんでいる可能性が潜んでいるから勃起不全の解決が本質的な解決にならない、という点です。生活習慣病の中でも勃起不全と深い関わりがあるのは糖尿病です。糖尿病になることと勃起不全の関わりは非常に深く、糖尿病自体には自覚症状がないものの、勃起不全が糖尿病の自覚症状として考えられるほどに密接な関係性を持っています。だからこそ、勃起不全が発症した時には生活習慣病を始めとした病気が潜んでいる可能性があるといわれていますし、勃起不全を自覚し始めたらクリニックの診察を受ける必要も大きい理由はそこにあります。自分で発見できない糖尿病は、医師の診察によって早期発見と早期治療が大切です。

糖尿病と勃起不全の関係性は、大きく分けて動脈硬化と神経障害、そして海綿体における一酸化窒素の活力低下に見受けることができます。この中でも、動脈硬化は糖尿病の症状として有名で、なおかつ動脈硬化は末端の毛細血管から始まることがわかっていて、ペニス周辺の毛細血管の機能が失われることが器質性勃起障害の原因になります。その結果、勃起障害と糖尿病の関連性は非常に高いということが専門医によって指摘されています。バイアグラやed治療薬による勃起不全そのものの症状改善は大切ですが。そればかりではなく体のケアも勃起不全の進行を食い止めるためには重要です。